読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽気なギャングは三つ数えろ/伊坂幸太郎

ものすごく久しぶりに、伊坂作品の、文書をぐいぐい読む楽しさを味わえた。

おれにとって伊坂幸太郎はデビューからずっと読んでるほぼ唯一の作家で、オーデュボン見つけたときはこれはと思ったもの。なので、長らく楽しく読んできたのだけど、さすがに息切れを感じるところがあって、終末のフールを最期、つまり、陽気なギャングの二作目からこっちずっと全然ピンときてなかったのです。特にゴールデンスランバーが評価が高く、映画も好評だったことで世間との乖離を感じて、一応読むけど義務感を疑うぐらいにまで興味が後退していた。

 伊坂作品のおもしろさって、散りばめられた伏線が回収されていく気持ちよさと、会話の軽妙さだったと思うのだけど、さすがにその作風だけでやっていくのに限界を感じたのか飽きたのか、上記のゴールデンスランバーあたりからめんどくささみたいなものが醸しだされてきたと思う。この点、この陽気なギャングの3作品目は原点回帰というか、特に会話の軽妙さが存分に楽しめてよかった。

ただ、これ、続きものだから最低でも1作目は読んでないとおもしろくないです。主要登場人物の能力と性格の説明が殆どないから。2は読まなくてもいいから、1だけは押さえてからどうぞ。1は名作だし。

  

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)