読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父さん、チビがいなくなりました/西炯子

熟年離婚の危機の話だけど、もっとつっこんでいえば恋の話。西さんは個人的には少し当たり外れのある作家さんだけど、こういうちょっと変わった、恋の話はうまい。

 

 ほんわかしてるんだけど、どことなく不穏な空気を常にまとっていて、ときにずどんと落としてくる。こういう緊張と緩和の技巧は見事。ぐっとくる。ちょっと何を書いてもネタバレというか、おもしろみを欠いてしまうことになるし、これ1冊で終わるので、さくっと読んでみて欲しい。

難点としては、西さんの描く女性は可愛いのだけど、娘がアラフォーにしてはちょっと若く見えすぎではないかなあと思う。老人も子供も描けるのに、どうもこの世代はあんまり得意でないような。他にも序盤で娘を振る男性が、娘よりも年上ということでまさにアラフォーなのに、27歳という若手との差別化ができておらず、この二人は同期ですと言われてもそう見えてしまう。これは姉の結婚でもそうだったので、もうそういうものなんでしょうね。