読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUFUS WAINWRIGHT JCBホール 10/5

すばらしい。完全がそこにあった。もし死刑になるのであれば、最後に望む物はこれだなあと思った。
拍手も歓声もご遠慮いただくという第一幕、All Days Are Nights: Songs For Luluの再現だけど、これは正直眠かった。スクリーンに映される映像に意味があるのかと思いきやそうでもなく、単調。しかも目をつむる絵だってのはもうそういう狙いなのかと。静寂の中、魔王みたいな格好をしたルーファスが歌い始めたときこそ鳥肌が立ったけど、肝心の映像に、おれは力を感じられなかった。
うってかわってハッピーな第二幕は人気曲を気軽に、おしゃべりも交えつつ。前回の来日ではあまりやってくれなかった1stの曲もばしばしだったし、なんといってもhallelujah。その数分で人生に満足してしまった。
第二幕のみ

  1. beauty mark
  2. grey gardens
  3. in a graveyard
  4. matinee idol
  5. memphis skyline
  6. the art teacher
  7. imagenary love
  8. complainte de la butte
  9. hallelujah
  10. little sister
  11. dinner at eight
  12. cigarettes

+

  1. poses
  2. going to a town
  3. the walking song