読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年振り返り(音楽)

今年よかったアルバムのまとめ

1位:醒めない/スピッツ

まず最初に、今年は本当に難しかった。洋邦ジャンル問わず豊作。最後に外れたものも列挙します。

で、1位はスピッツ。思い出補正をがんばって除外するなら、最高傑作ではないかしら。ジャケットもフェイクファーの次に好き。

まったく変わることなくスピッツで一切奇をてらったところがないのに、クオリティがめちゃくちゃに高い。ということで書くことがなく、あなたが思い浮かべる最高のスピッツそのままです。

ちょっとした小話として、義母が今年ファンになりました。 

醒めない(通常盤)

醒めない(通常盤)

 2位:daydream/Aimer

2年連続の選出。さらにレベルが上っているし、RAD野田やワンオクTAKA、スキマスイッチなどの絡みでファン層の拡大にも取り組んでいる。本当に最高だと思う。

KORNや座禅(吉田が参加している)みたいなネタものまでありながら、aimerのアルバムであるという印象はばっちりなのは彼女の歌の強さでしょう。段々と評価が上がってきているようでうれしい。

ていうか単独のチケットは普通に売り切れるので、もう見つかってますね。 

daydream(通常盤)

daydream(通常盤)

3位:We got it from Here... Thank You 4 Your service/A Tribe Called Quest 

日本語ラップが盛り上がってきているといわれているような気がしないでもない今日この頃ですが、正直、音源という評価になるとほとんど聴くものがなく、ブームとはという気持ち。という中これがもう自分の好きなラップそのもので、いうてももう動かないわけですよね。被るのでここには入らなかったのにJ DILLAがあるし。

サンプル(に限らなくてもいいけど)音源をコラージュして、ループを基本に新しい形に作り上げる。この楽しさにはまだまだ先があると思うのだけど、なんでだれでもできるようなプリセットの打ち込みがこんなに多いのかしらね。あと歌いすぎ。

ジャンルとしてでなく、なぜこの音楽を好きになったのかという根源的な楽しさ。それがここにありました。あとCommonもちょっと違うところもあるけど意味は同じ。

We Got It From Here… Thank You 4 Your Service

We Got It From Here… Thank You 4 Your Service

4位:We love Tank-top/ヤバイTシャツ屋さん

バンド名がかっこ悪いと聴かない(悪いだろうという意味ではなく、個人的なスクリーニング)ので、まあそれなりにいいんだろうなと思いつつメジャーまで待ちましたが、これはすごいですね。歌詞からコミックバンドとか言われてたり、音はメロコアのくくりにされているのが多く感じるけど、それよりSUCHMOSとかCEROみたいな音楽偏差値高めなグッドミュージック系ではないかと思います。なにをどうしたらどう聞こえるのかをよく知っている感じ。メロコア無線LANのハイスタなんかで確かに顕著なんだけど、メタリカとかアジカンとか、そういうもののエッセンスを必要に応じて使っていると思う。1曲目なんてディズニーだし。

We love Tank-top (通常盤・初回プレス)

We love Tank-top (通常盤・初回プレス)

5位:METAL RESISTANCE/BABYMETAL

そういう意味ではヤバTと同じかもしれないこれ。森メタルとかまで手を出してもうわからんところにはまったくわからんだろうと思うけど、それはそれでいいというか。

METAL RESISTANCE(通常盤)

METAL RESISTANCE(通常盤)

なお、ここまでは最初から確定で、あまり悩んでいませんが、以下は順番もそうだし、選出も一歩間違えれば外れるぐらい微妙です。 

6位:Dystopia/Megadeth

MetallicaとかMeshuggahとかTestamentとかスラッシュ直系のメタルもまた豊作で、その中であえてというとこれです。Count DownとかYouthanasiaとかの、めんどくささだけでなく、コンパクトなポップさも取り入れようかな期のよさがここにありました。キコのソリストとしての味も、マーティ以来なかったもののように思います。

dystopia

dystopia

7位:純情ランドセル/赤い公園 

津野こわい。最高にギターが鳴ってる。あとちょっとでTAKUYAの域。ポップさとアレンジのおもしろさの高次元での両立。こう、弾きたくなる感じが、いまなかなかないのですよね。

純情ランドセル(通常盤)

純情ランドセル(通常盤)

8位:ウインカー/特撮

強いていうと、ギターソロをちゃんと弾いてると思う曲が目立つのが今作だけど、キャッチーでありながらヘヴィで、オーケン(とエディ)ほど癖の強い音を基本にしながら本体(筋少)とは明らかに別物。NARASAKIのよさが一番出たアルバムといえるかもしれない。 

ウインカー【通常盤】

ウインカー【通常盤】

9位:アウェイ/Scoobie Do

特に書くことないです。相変わらず素晴らしい。

アウェイ

アウェイ

10位:THE STILL LIFE/平井堅

特に書くことないです。相変わらず素晴らしい。

THE STILL LIFE

THE STILL LIFE

その他

漏れたのを列挙。これは正直6位以下にはどこに入ってもよく、最後まで入れ替えていたところ。

Diary/J Dilla

グランドスラム/般若

A Moon Shaped Pool/Radiohead

迦陵頻伽/陰陽座

COLD DISC/ストレイテナー

Hardwired: To Self-Destruct/Metallica

The Serenity of Suffering/Korn

The Violent Sleep Of Reason/Meshuggah

Revolution Radio/Greenday

Weezer (White Album)/Weezer

Black America Again/Common

こう見ると、特に洋楽で人気のあるベテランが多く出している。かつ、10に入れたやつも大体そうなんだけど、既存の正解をきっちりこなしてる印象が強い。それが絶対の正解でもなく、新しい一面を出していくってのも大事ではあるけど、下手にそれに挑むよりは求められているものをきちんとこなす(ってのもとてもむずかしいので)ってのはいいと思うのですよ。

紅白見ながらこれ書いてる。なんとか年内間に合った(去年のコピペ)。