読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレイト・アウタ・コンプトン(ネタバレっていうか、知らない人これ観るの?)

ヒップホップ(正確にはラップ)を好きなものとして、義務感のようなもので観に行ったけど、観ておくべきものを観られたようで、よかった。

N.W.A.の自伝映画で、今の日本で彼らのことを知っている人はヒップホップを聴く人、つまり顛末を大体知っているだろうから、あまり普通の映画として楽しむものじゃないと思うんだけど、どうなのかしらね。これがローグネイションを抜いて1位っていうのはアメリカっていう国のおもしろいところだけど、どんな世界なのか正直想像もつかない。だってN.W.A.だよ?

上述の通り、デビュー後の顛末は知られてることなので、お話として面白いのは結成してからデビューするあたりまで。これはなかなか興味深い。E以外は全然ギャングじゃなくて、誰かの家に集まってああでもないこうでもないって言い合ってる、いわばボンクラなのよね。以外にそんなところに親近感があったりして。

まあ、話はそんなところで、おもしろいのはキャスティング。とにかく似ている。E、キューブが目立つところだけど、シュグとか2PAC、スヌープあたりはほぼ出落ちというぐらい似せることに力を注いでいて笑える。

シュグといえば、実話ベースだから、基本気を使っている感じなのに、何故か彼だけ異常に扱いが悪い。あいつだけはガチで悪者だからいいだろということなのかしら。この映画観たらキレて殴りかかってきそうな気すらする。ドレとの関係がどうなってるのかよく知らないけど、よくなってはいないんだろうなー。

ドキュメント映画と考えたら一点不満なのが、契約というか、ギャラ関係がどう不平等なのかよくわからなかったこと。数字が全然出ていない。知らなかったけど、詞はEじゃなくてキューブが殆ど書いてたんでしょ?で、ドレが音を作ってたんだから、それが冷遇されるって、ナカコーといしわたりの分までミキたんが取ってたみたいなもんで(だいぶ違う)、そんなんうまくいくわけないし、バカじゃないのって感じ。バカすぎて意味がわからない。

ということで、この周辺知識がない人にオススメできるものじゃないんだけど、逆に、だからこそそういう人たちがどういう感想になるのかすごく知りたいです。

ああ、あと、エンドロールでチャックD役ってあったけど、そんなん出てた?見逃した。