読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーカンパニーズ/フラカンの日本武道館~生きててよかった、そんな夜はココだ! 12/19

ライブ 音楽

感無量。ライブ中何度客席を見回して、こんなに大きな箱が埋まっているということに感動したか。武道館ソールドアウトですよソールドアウト。前さんも言ってたとおり、発表されたときに埋まるなんて思ってた人多分いないでしょ。ホントなんもいえねえ(流行語)ってぐらい、ただただ温かい気持ちになったよ。お客さんもみんな嬉しそうな顔だった。

 圭介がいつもどおりを二回言ったのが照れ隠しでもなんでもなくて、図柄こそこのために用意したものだったけど、いつものようにフラカンの垂れ幕だけというセット。演奏もアレンジもホントいつもどおり。しいて言うならアンコールにちょっと古めの曲を固めてやったのと、夢の列車ぐらいかね。なのにぐっとくる。お祭り感と通常営業が見事に同居している素晴らしいライブだった。

あと、前さんの衣裳か。あれは上手かった。薄暗い中出てきて、お辞儀して、ベース持って、ガーンって始まるのと同時に証明がついたらギラギラの特注オーバーオールが光り輝くという演出。オーバーオールを派手にするという発想自体まったくなかったんでこれはやられたなー。

演奏もみんな気合入ってたけど、特に竹安は素晴らしかった。今まで観た中で一番の竹安。ソロの一つ一つが本当に泣いてて、しみじみいいギタリストだなーと思った。

前も書いたけど、ヒット曲のないバンドが、ライブベースで食っていくっていうモデルケースをまたひとつ成功させた歴史的な記念日。このお祭りに参加できてよかった。

来年は1年かけて47都道府県回るってことだから、その東京以外だとフェスぐらいしか観られないかなーと思うけど、近いうちにまた観たいと思わせるようなライブでした。

ところで、いろんなところからお花来てたけど、オーケンはちょっと意外だったな。嬉しかった。

  1. 消えぞこない
  2. 恋をしましょう
  3. 星に見離された男
  4. 永遠の田舎者
  5. はぐれ者讃歌
  6. 脳内百景
  7. トラッシュ
  8. ビューティフルドリーマー
  9. 元少年の歌
  10. この胸の中だけ
  11. 夢の列車
  12. 発熱の男
  13. 吐きたくなるほど愛されたい
  14. 深夜高速
  15. 春色の道
  16. チェスト
  17. 俺たちハタチ族
  18. 終わらないツアー
  19. 真冬の盆踊り
    en1
  20. 夜明け
  21. ロックンロール
  22. 孤高の英雄
    en2
  23. 白眼充血絶叫楽団
  24. NUDE CORE ROCK'N'ROLL
  25. 三十三年寝太郎BOP
    en3
  26. 東京タワー
  27. サヨナラBABY