読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAWN/AIMER

AIMERは素晴らしい歌い手で、ライトスタッフを揃えてもいると思うのだけど、少し、特にビブラートが宇多田ヒカルに似ているところがあるので、ともすればワナビー的な扱いになってしまう懸念があった。ちゃんと聴くともちろん違うのだけど、そこを明確にしてくれるのはキラーチューン。これがAIMERですっていうそれがないと、パクリ?みたいな嫌な印象を持たれてしまう。キラーチューンは他の曲のイメージも引っぱってくれる。

その点、今作はついにそこをクリアしたのではないかしら。”LAST STARDUST”、”brave shine”のFATE2曲は、ヒッキーではありえない、大仰さとキャッチーさを兼ね備えた名曲で、これを目当てにアニメから入ってくる人もいるのではないかというぐらい。そうやってキラーチューンが背骨を入れてくれると”キズナ”といった他の曲も輝く。

オリジナリティとポピュラリティの高次での融合を果たしたこれは名盤と数えても良いのではないかしらね。

DAWN

DAWN