読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dylan Bluetoothイヤホン

てなわけで、前に買ったイヤホンは壊れてしまった。

roberto.hatenablog.com

また直るかもしれないけど待ってもいられないからやむを得ず他のを買ってみた。Bluetoothイヤホン自体はまあ使えるなという感触を得たので、今度はもうちょっと予算アップ。

 これは値段が倍するだけあって、特に可もなく不可もなくと書いたAukeyよりも一段音質がいいと思います。いうてもカナル式との違いも大きいのだけど、低音がやや弱い代わりに高音がクリアで全体的に分離がよく、長時間聴いて疲れないのはこっちかなと。逆に低音の迫力を感じたい、テクノとかが主食の人だったらオススメしない。半信半疑でもあるんだけど、ノイズキャンセリングが聴いているのかもしれない。地味に”今の”iPhone純正って癖がなくてなかなかいいと思うんだけど、あれがダメじゃなければこれはオススメです。

これは個人的な好みだけど、やっぱりカナル式の方が安定するし、耳にも痛くないです。ただ、コードがないというのはうざったさを感じる向きには大きく、肩こり的な問題のある人はこちらの方がよいかと。すっきりしててノーストレス。

でも、やっぱり操作はリモコンでできた方が好き。これは操作のたびに右耳を押さえつけることになり、当然耳の軟骨がクッションになるので快適さに欠ける。ただ、曲送りのボタンが別についてるのはいいです。インターフェイスとしては遥かにわかりやすい。

圧倒的にこっちが優れているという点はバッテリー。通勤だけでも、Aukeyは丸二日はもたないかなってぐらいだったのに対し、こちらは3日使って一度も充電していないどころか、表示を信じるならまだ1メモリも減っておらず、まだまだ行けそう。

なんとなくどっちもどっちみたいな書き方になっちゃったけど、前述のとおり、低音を強く感じたい方以外は圧倒的にこっちがオススメです。ていうか比較じゃなくても、この値段(3000円ちょい)でここまでいい製品ってなかなかないんじゃないかな。もちろんAukeyも値段考えたら全然いい製品だけど、まあ額にして1500円ぐらいの差なら、ね。

まあ、唯一不安なのはやっぱりこの形状だから音漏れかな。あまり大きな音で聴く趣味はないので大丈夫だと思うけど、そうでない人はやめた方がいいかもね。

追記(12/11)

バッテリーはすごい。11月末から土日以外の通勤とたまにお昼休みに使うぐらいで、今日やっと切れた。ものすごく長もち。

ちょっと気をつけたいのは、目盛りが減ったのが今日の朝で、いきなり半分ぐらいになって、昼に使ってたらぶつっと落ちた。急すぎて警告になってない。まあ、テストがてらやってみたけど、ここまで充電しないで使うこともないだろうからそんなに問題にはならないだろうけど。

あと、音もいいですね。エイジングなのかなにか知らないけど、疲れなくてそれなりに深さのあるいい音になってきた。オープンエアーのヘッドフォンが好きな人はいいと思う。って、あんまりオープンエアー使ったことある人いないかもだけど。

ということで、AUKEYはもうオススメしません。Dylanをオススメ。

追記(12/22)

AUKEYと比べてもう一ついいところ。大した問題じゃないんだけど、明らかにペアリングが早い。AUKEYはえ?できてないの?って一瞬思った頃に繋がる感じだけど、こっちはpower on、connectedって連チャンで言ってくる。

慣れてきたので、着脱もこっちの方がずっと楽で早いけど、カナル式の方が好きという人には特別メリットではないかな。