読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitter,Sweet&Beautiful/Rhymester

やっと書ける。これはひょっとすると最高傑作きちゃったんじゃないのと思ってうかつに感想書けなかったのよね。マニフェスト以来(ライムスターにかぎらず)、ひとつのアルバムを何度も何度も聴きこんでやっと落ち着いた。ということで最高傑作きました。

常々誰にも通じないのに口にしてるBACHLOGIC以降問題というのがありまして(もっと言うと、その前からのクレちゃん以降問題から続く)、ワンサゲは確かに良かったし、今に至るクラシックだと思うんだけど、それ以降、ライムスに限らず、雄弁すぎる、メロディアスすぎる、音が多すぎる、悪い言い方をすればうるさいトラックが増えて、それに対抗するためなのか(だと思ってるけど)ラップもメロディアスであったり、トリッキーになって、原始的なラップミュージックの楽しさが長くシーンから消えたような気がしてた。これはBLが悪いわけでも、採用するラッパー側が悪いわけでもなく、(おれに言わせれば)不幸な巡り合わせの結果なんだけど、とにかくPOP LIFE、ダーティーサイエンスと、ライムスに限って悪かろうはずもないけど、ちょっともやもやもしてた。ライムスは健闘してたけど、正直シーンの落ち込みようったらないよ。AKLOとかSALUくんががんばってるみたいな論調ではあったけど、セールスとか、門外へのアピールは致命的に後退したと思っている。ROYくんも失速したし。

そこに颯爽と登場したのが今回ほぼメインプロデューサーと言ってもいいぐらいの存在感を出しているPUNPEEくんです。ライムスが自己紹介でも言ってるのに、BL以降影を潜めていたいなたさを戻してくれた。かといって、旧態依然としたオースクではなく、これまでの延長線上に。ラップスタイルも気持ちライムス的オーソドックスに回帰しているような気がする。

PUNPEEくん自体別にいま急に出てきたわけじゃないけどね。なんとなく第一線には立たない、みたいなイメージがあった。

ちょっと話逸れるけど、最近水曜日のダウンタウン観るようになってて、この番組音がカッコいいなあと思って調べたらPUNPEEだったなんてことがあって、自分の中ではなにか必然。

ライムスの立ち位置って結構難しくなってきていて、まず当然ジャパニーズヒップホップの(ちゃんと活動を継続している)最ベテランで、かつど真ん中。この半分を担ってくれるはずのジブさんがちょっと降り気味のアルバムを作っちゃったことで、ライムスの負担は今とても大きい。

そして、メジャーシーンの一員として、ロックバンドも含めた若手のプロップスも受け、RIJF等のフェスにも出るなど、ヒップホップ門外との架け橋になっている。これについては”ガラパゴス”に歌われている、とりようによっては怒りのようなメッセージを発している。「またそこからですか」。そしてこのトラックはBLってのがおもしろいなあ。

最後に、ここ多分一番重要なんだけど、長くメジャー契約でやってきて、マニフェスト以降外していないオリコン10位は期待されているということ。まあ、結果、14位とやや渋い順位にはなってしまったけど、まだこれから全国ツアーだ。ロングセールスも期待できる。おれも初の遠征(富山狙い)を考えている。

いけいけぼくらのライムスター。

 つか、PUNPEE、ソロでもPSGでもいいから自分のアルバム出してよマジで。