読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏びらき 7/18

ライムスがワンサゲを初披露した第一回以来、何度か参加してるイベント。正直所沢は遠いんだけど、それでもまあいいかというぐらい安くてメンツがいいのよね。

住岡梨奈

存じ上げませんが、フェスなのに何故か取られるワンドリンクを消費しながらゆるゆると。悪いところはないと思うのでがんばっていただきたいのだけど、ギター一本の弾き語りで”Hello, my friend”はまずい。しかもセットの途中はダメだ。バンドでアレンジできるならともかく、ユーミンとかあのへんの化物どもの曲なんか誰がやっても自曲が霞む。いい曲過ぎてドン引きした先まったく聴けなくなった。初見の人たちの耳を集めるのにはいいんだけど、そういうデメリットもある諸刃の剣。オススメできない。

Schroeder-Headz.Guest Vocal :土岐麻子

当たり前に演奏が上手でよかったと思うけど、目当ては土岐さんなので、まあ。で、その土岐さんのアルバムに入る渡辺曲をやってくれたのはよかったけど、もう1曲のカバーは知らなかったし、ゲストって扱いだからしょうがないんだけど、それだけってのは食い足りなかったな。

曽我部恵一

前提。サニーデイ・サービスは大好きで、ソカバンは積極的に避けるぐらいに苦手です。

ギター一本の弾き語りだけど大変満足した。前提からして、正直まったく期待していなかったのだけど、開けてみたらいきなり”恋におちたら”で、他にも”青春狂走曲”、”サマー・ソルジャー”と、6曲中3曲がサニーデイ。曽我部ソロの”TELEPHONE LOVE”もやったあたり、この短い時間で曽我部恵一ベストをやろうとしたんじゃないかぐらいのサービス精神だった。

サニーデイ再結成してから渋公ワンマンとか割りと動いてるし、ソカバンに飽きて回帰してくれてるなら嬉しいなあ。

RHYMESTER

お目当て。まあ、普通。いつもどおりカッコいいしライブ上手いし。トラックを変えてのイズムとか、アマチュア締めとか、新曲とか、短い時間でも満足感のある組み立てができるのはさすがKING OF STAGE。

この時点であれ?スクービー出ないの?

  1. Still Changing
  2. Kids In The Park
  3. B-BOYイズム
  4. 人間交差点
  5. ザ・グレート・アマチュアリズム

さかいゆう

意外に歌謡ポップって感じで想像してたゴリゴリのR&Bではなかったけど、演奏は結構ハード。売れるといいなあ。

SCOOBIE DO

トリ。こちらはCHAMP。やっぱりステージングが上手い。音もいい。正直好きな曲はあんまり聴けなかったのだけど、まあ、それでも楽しい。でも夕焼けのメロディーは割りとやってる曲なのにおれ当たらないことが多いような気がする。

最後にアンコール、ライムスも出てきて”音楽は素晴らしい”。最高の締め。

17時前に終わって帰れるのも翌日を考えるとよい。この時期暑いからねー。またライムスとプラスアルファ次第できます。