読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年まとめ

良かったアルバムと曲とライブをまとめるよ。

●アルバム

赤マスク

赤マスク

随喜と真田2.0に引き続き。ポチョムキンの下品さはすごい最高。
金剛九尾

金剛九尾

忘れてたんだけどライブだってんで予習に聴いたらえらい良かった。キラーチューンっていう意味では”鳳翼天翔”とか”組曲義経」〜悪忌判官”、”甲賀忍法帖”レベルは入ってない分やや劣るかもしれないけど、全体のデキでいえば最高傑作のような気がする。
TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」

TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」

正直なところ、値段考えると認めなくない商品だけど、全曲単体としてみても素晴らしいのに、放課後ティータイムというバンドが本当にあるかのように感じられるリアリティーに対する真摯さに負けた。
かぜよみ

かぜよみ

地味だけど良い曲ばっか。あとかわいい。
SPECTACLE

SPECTACLE

あまりにも完成度の高いオタク気質全開なポップアルバムでこういうの大好きだけど、トルネード竜巻という今は亡き先人がいるわけなので、なんとかああはならないようにがんばってもらいたい。
Animation for oink,oink!

Animation for oink,oink!

マイスの終わりのアルバムがうんこつまらなかったのに、自分たちで最高傑作とかいってるあたりアーティストとしての終了感たっぷりだったのに、ソロはびっくりするぐらい良かった。箱のようなピアノを想像していただけに、生バンドっぽい音作りも意外で楽しめた。
Wrath (Dlx) (Snyp)

Wrath (Dlx) (Snyp)

今一番注目すべきメタルバンドは彼らで間違いない。アメリカで受けるモダンさや、土臭さがありつつもメタルだし、全曲ではないけどきちんとギターソロを入れるのも嬉しい。春のライブは観たいな。
World Painted Blood

World Painted Blood

一番AC/DCに近いのは彼らかも。相変わらず同じことやってるんだけどねえ。それはそれとして、前作の方がより良かったのでここでこれ選ぶのはちと迷った。
Black Gives Way to Blue

Black Gives Way to Blue

生きてる!動いてる!じゃないけど、予想以上に完璧にAICだった。なんか泣けた。
Battle for the Sun

Battle for the Sun

完全に忘れてて、元旦にiPhoneに入れるために曲選別してるときにちゃんと聴いたらものすごく良かった。これはもう完全に過去最高傑作でしょう。見逃してた来日公演も教えてもらったのですぐ取った。
てことで↓は本当は10選から漏れるんだけどせっかく書いたから残します。
Double-edged sword(初回限定盤)

Double-edged sword(初回限定盤)

ちと反則気味だけど、初回限定のライブCDに。デビュー25周年で人気投票で決めたというベスト的な選曲もいいし、豪華なギタリストを並べているのも美味しい。特に、アベフトシの最後の勇姿とでもいうべきパフォーマンスを記録していたのがあまりにも大きい。この発売日が命日だったのはなんなのかね。

●曲

電気グルーヴ20周年のうた /電気グルーヴ

電気つうか卓球のテクノDJとしての面に注目が集まるのがあまり好きではないおれとしてはこういう彼の詩センスが楽しめる曲が本当に嬉しいので。

・プラリネ/坂本真綾

何故これをアルバムに入れないのか理解に苦しむ”雨が降る”のカップリング。坂本真綾に求める全て。

恋愛サーキュレーション/千石撫子

神前暁ここにあり。キャラソンとして100点以上。小説から読んでいると明らかに一番薄くて心配された撫子を下手したら一番人気なんじゃねえの?ってとこまで持って行ったのはこの曲の力。

・WAO!/ユニコーン

曲のデキもさることながら、復活一発目のシングルとして完璧。往年のユニコーンらしいノリのいいバカっぽい曲で、かつ古さは感じさせず、なにより民生がアコギとカウベルと完全に裏に回って、ユニコーンは民生のバックバンドなどでは決してないということを今の子に明らかにしてくれた。

・今宵の晩ごはん/マボロシ

正直マボロシをライムスほどには評価してなくて、別にやらなくてもって思うこともあったのだけど、ここで竹ちゃんが聞かせたラップ、これがあるならこれからもたまにお願いしたい。えろーんみたいな味があって実に良かった。

●ライブ

BASEMENT JAXX@Fuji Rock Festival

圧倒的。これは普通のライブではない。曲や演奏もさることながら演出が神。ここまで夢のあるショウってマイケルジャクソン級なのではなかろうか。

筋肉少女帯@Fuji Rock Festival

JAXXがすごすぎてややかすんだけど、このどアウェイを演奏としゃべりだけで持って行って、最終的にホワイトを満員にした光景は感動なんてものじゃなかった。泣いた。

ANTHRAX@loud park

やっぱりANTHRAXはJブッシュ。ザクザクギターにのってモッシュモッシュ!「caught in a mosh!!!!!!!!」

フラワーカンパニーズ@人間の爆発

何度か観てはいて、特にファンということはなかったのだけど、初めてちゃんと真正面から向き合って観たこれはあんまり素敵でころっと転んでファンに。全然曲憶えてないのに引き込まれた。ゲストにきてくれたスピッツ、ピーズとの一体感みたいなのにもやられたんだな。

坂本真綾とSEATBELTS@七夕ソニック

今年一番、おそらく唯一取れたプラチナチケット。こんな機会はもう二度とあるまい。「what planet is this!!」なんて叫べることがあるとはね。踊る阿呆に見る阿呆ってことで「キラッ☆」も決める。まあ、いうても真綾観るのに忙しくていろんな物見逃してるんだけど。